●セミナー概要 小児の保健指導シリーズ

小児の保健指導シリーズ 小児の口腔機能を考えよう・小児の食育歯科保健指導セミナー

小児の保健指導シリーズ 小児の口腔機能を考えよう
小児の食育歯科保健指導セミナー

食育&小児歯科保健指導セミナー

歯科から発信する食育とは?
むし歯になるおやつ、ならないおやつを指導する時代は終わりました。お口を育てる食育を学びましょう!
しっかり噛みましょうって言うけど、具体的にはどう説明したら良いの?
子どもたちは咀嚼をどうしてるかを考えた事がありますか?
血糖値の乱高下を子どもたちに起こさせない食事って何? それって歯科から言うこと?と思うなかれ。
身体に良いと思われている飲料、養育者が子どもに良かれと思って飲ませている飲み物が仇になる?何が良くて何がダメなのかキチンと説明出来ますか?
等々、食に関して知ってるようで知らない、養育者にキチンと説明出来ないところがスッキリするセミナーです。
講師:宮坂 乙美講師紹介はこちら
  • お口の中に入る食べ物はソフト面と考えるシンプルで養育者が取り入れやすい食生活とは?
  • 厚労省が勧める「カミング30(サンマル)」 「ひとくち30回は噛みましょう!」この指導だけで、子どもたち・養育者たちは実行継続できるでしょうか? 食生活においてもう一度「咀嚼」するを考えます。
  • お口を育てるキーワード 「あんぐっ! にちゃがじ! れ~ろれろ!」を覚えましょう。
  • 今どきの養育者・子どもたちの生活習慣の指導を考えます。
  • 虫歯予防だけじゃないシュガーコントロール
    こころとからだのシュガーコントロールからキレない子どもを育てる!
親の養育力:指導しづらい養育者への指導 他

小児の口腔機能を考えようセミナー

お口の機能が悪い子どもが増えてきている事は歯科衛生士にも一般の人たちにも周知されるようになってきました。ですが口腔機能に関しての基本的な知識、改善のための指導法となると自信がないという方が多いのではないでしょうか?
「子育ては口育てから!」 乳児・幼児・小学生の口腔機能の基本を学び指導できる歯科衛生士になるためのセミナーです。
講師:宮坂 乙美講師紹介はこちら
臨床指導の場で、母親教室、赤ちゃん教室、保育園・幼稚園指導で養育者、保育士、管理栄養士から口腔機能に関して質問される機会が増えていると耳にします。「離乳食の食べ方がおかしい」「いつまでもよだれがひどい」etc. そんな時、自信を持って答える事ができる様に乳幼児の口腔機能の基礎・指導を学びます。 プチ実習:簡単なトレーニングを一緒に行います。
口をぽか~んと開いている子どもたち。“クチャラ~”と呼ばれクチャクチャ音をたてて食事をする子どもたち。口腔機能から診るとおかしいのに女の子たちがあこがれる“アヒル口”。こんな口腔悪習癖の評価、指導を学びます。
プチ実習:自分や他の人の口の動きを観察し正しい口腔機能を認識します。
口腔筋機能療法装置の院内での実践・カウンセリング・口腔診査・資料採得・経過観察の仕方を学びます。