●セミナー概要 クリニカルベーシックシリーズ NEW

クリニカルベーシックシリーズ
もう一度きちんと基礎から学びたい‥、自信をもって臨床したい‥!

歯科衛生士学校は卒業したし、国家資格ももっているけど、いざ患者さんを任されても一体何を見て、
どのように指導をすればいいの? と最初は戸惑ってしまうことを誰もが経験していると思います。
先輩DHを見よう見真似で始める臨床・・・本当にそれでいいのでしょうか?
新人教育はもちろん、もう一度きちんと勉強して自信をもって患者説明、患者指導をしたいと思われる方にもお勧めです。

このシリーズは4つのセミナーから成り立っています。
4つのセミナーを同時に申し込まれた場合は、割引価格(¥32,400)
お申し込みいただけます。是非シリーズでご受講ください。

クリニカルベーシックシリーズ①②広告

クリニカルベーシックシリーズ広告③④

 
レントゲンを診る時には大きくわけて歯周組織と歯牙組織に分けて診ます。 骨の透過像にもいろいろなパターンがあり、その原因もさまざまです。 レントゲンには過去が反映されています。その原因を推測し、治癒の形態を予知することが大切です。
  • パノラマ写真からわかること
  • 歯周組織の見方、予測のたて方
  • カリエス診断、根面薄利、根面カリエス、歯石の判断
  • 簡単なシュミレーションを行います。
 

誰でも最初はプロービング検査にストレスを感じるものです。
患者さんは痛がるし、唾液やプラークで目盛りは読み取りにくいし、見えないところをこんな細い棒で触って何がわかるのだろう・・・
ひと言でプロービング検査と言ってもその時々で意味と目的が違います。
確実ではないでれど、意識をすればいろいろなことが見えてくるものです。
痛くないプロービングのコツを学びましょう。

  • プロービング診査を行う意味と目的
  • プロービング診査を円滑に行うためのコツとポイント
  • 誤差を少なくするプロービングのルール
  • 簡単な模型実習と自分の口腔内実習を行います

 

指導者の立場として、クライアントからの信頼を得て、行動をしていただけることは難しいです。
ブラッシング指導をしてもあまり改善が認められなかったり、鏡の中をちゃんと見てくれなかったり、指導しにくいと感じる患者さんがいらしゃると思います。
言葉は理解できても行動できないのは何故でしょうか? 患者さんにやる気を起こしてもらうために、歯科衛生士ができることは?
モチベーション=動機付けについての臨床のヒントを提示していきます。

  • 指導の前に大切なこと(人の印象と接遇マナーについて)
  • 「モチベーション」ってなに?
  • 患者さんの問題? 自分の問題?
  • 患者さんをやる気にさせる魔法の言葉
 

むし歯予防には歯磨きが大切と思っていませんか? でも100%磨きは無理ですよね。
そうなんです。磨き残していてもむし歯をつくらない人はたくさんいるのです。
むし歯のリスク分けと予防のアイテムについて勉強しましょう。

  • う蝕とむし歯は違う
  • むし歯になりやすい人(ハイリスク)となりにくい人(ローリスク) とはどう違う?
  • フッ素とキシリトールの知識を深めよう
  • ほんとは簡単むし歯予防